筑前御殿神楽のご案内

元のページへ戻るボタン

筑前御殿神楽 筑前御殿神楽2

筑前の国・黒田藩の手厚い庇護を受け、かつて明治天皇の大嘗祭に京都御所でも奉奏された筑前御殿神楽は、旧遠賀郡と鞍手郡の神職家に長く伝えられている神楽です。
宮中の御神楽と源流が同一の神楽と言われ、採り物を持って舞う「里神楽」と神々のお面をつけ神話を語る「面神楽」からなります。
また、戸脇神社では筑前御殿神楽を奉納の後、湯立神事が執り行われます。
北九州市にてこの湯立神事が絶えること無く現在においても守り伝え執り行われている神社はこの戸脇神社にしか残っていないので大変貴重な神事となっています。

平成28年度 筑前御殿神楽日程

10月8日 (土)19時〜
戸脇神社 若松区大字乙丸777
10月10日(月)19時〜
狩尾神社 遠賀郡芦屋町山鹿
10月11日(火)19時〜
豊山八幡神社 八幡東区春の町4-4-1
10月12日(水)19時〜
中原八幡宮 戸畑区中原東3-12-1
10月13日(木)17時30分〜
埴生神社 中間市大字埴生426
10月14日(金)18時〜
熊野神社 八幡西区上上津役1-20-13
10月15日(土)18時〜
十五社神社 中間市下大隈字村前1175-3
10月17日(月)18時30分〜
乳山八幡神社 八幡東区大蔵2-16-33
10月20日(木)19時〜
枝光八幡宮 八幡東区諏訪2-1-14
10月23日(日)19時〜
仲宿八幡宮 八幡東区祇園2-5-1
12月12日(月)14時〜
十二所神社 八幡西区引野2-12-1

元のページへ戻る

ページ先頭へ戻る