由緒

マウスを重ねると読み仮名を表示します

祭神

大日霊貴命
天照大神の別名。八紘に光を授け、世を明るくする神徳の神。
彦火々出見命
瓊瓊杵命の第三子。陸上産業の幸を得、授けたまふ神。
火酸芹命
産業の神。彦火々出見命の兄で海上の幸を得、授けたまふ神。

由緒

社記によれば、貞観二(西暦860)年9月、隠岐島焼火神社の神、大日霊貴命を日峯山山上に勧請し、彦火々出見命・火酸芹命の二柱の神を御鎮斎したのが日峯神社の創祀とされています。神殿は山上にありましたが参拝に不便なことから、宝暦10(西暦1760)年日峯山を上宮、この地を下宮とし、三柱の神を下宮に勧請いたしました。

日峯神社は、海上交通安全の神として永きに渡り崇敬されており、また今日では、交通安全・商売繁盛・家内安全・厄除の神として遠近の信仰が厚く、10月18日の大祭日には神楽を奉納し、祭祀を絶やすことなく歴史と文化を守り伝えています。

縁起

従昔隠岐国焼火神社の一時神(大日霊貴命)が日峯の山上に降臨し、朝夕三つの岩(琵琶岩・上臈岩・国見岩)に腰掛け、琵琶を弾いて四方を鎮められていました。ある暗夜、海上往来の諸船が暴風に遭い、四方を深い霧で覆われた際、船上で身を清め日峯の神に深く祈念すると、不思議にも日峯山の山上に火が現れこの船を遭難から導き助けられました。この辺りの漁師達は、この神火の導きによって遭難を免れたことが度々あり、神明の奇しく妙であることを感じ、海上安全の神として深く崇敬していました。

また、海幸彦山幸彦神話の一説に、「弟の彦火々出見命が兄である火酸芹命と猟具を取り替えて魚釣りをしていると釣針を無くしてしまい、これを探す為に海辺をさまよっていた」とあります。日峯山周辺は、往昔は海辺であり、山の南方には貝殻山(貝塚)という小山があったことから、彦火々出見命がさまよっていた際に、この日峯の地も訪れたと伝えられています。

霊山日峯山

頂上からは、関門・山陰の山々・六連・ふたおい・白島の島々や遠くの沖の島を眼下に一望の中におさめ、天気晴朗の日には水天髣髴の間に壱岐を望み、雄大な眺望絶景の霊峰と言い伝えられている日峯山は、北部九州唯一の火山系に属し、往時は盛んに活動していました。噴煙は玄海を隔てて洋上を遠く壱岐対馬は愚か唐国までも照らし、日韓航行の船舶に対し自然の灯台となっていました。また近年まで、玄界灘・洞海湾の入船出船の目標にもなっていました。

山の頂上付近に鎮座する三つの岩(琵琶岩・上臈岩・国見岩)のうち、東南に鎮座していた上臈岩は、日峯配水池築造のため、昭和55(西暦1980)年2月23日、今の境内地に祭祀いたしました。

ページ先頭へ戻る